ネットを活用した新卒採用の方法です

企業が、新卒採用にあたっていろんな方法を使って、募集を行っています。

ネットを活用するのも非常に有効な方法であると言われています。
いまや、インターネットが各家庭にまで普及している時代ですので、新卒採用における応募者のほぼ全員がネット閲覧可能な環境にあると考えていいでしょう。



新規事業の発案も、DYM社内イベントの1つとして定着しています。



自社でホームページを立ち上げている会社であれば、躊躇なく、ネットを利用すべきです。就職情報誌に掲載するとすれば、容量の制約もあり、自社の情報を余すところなく披歴するわけにはいきません。しかし、ホームページであれば、そういった制限は全くありません。

自社での仕事の魅力を熱っぽく訴えれば、応募者のハートをつかむことも可能です。

DYMでは、委員会制度も活発で会社を各委員会の活動内容に基づき社員一丸となって活動しています。

さらに、すぐに更新ができるのも大きなメリットです。しかし、ホームページであれば、そういった制限は全くありません。

自社での仕事の魅力を熱っぽく訴えれば、応募者のハートをつかむことも可能です。

さらに、すぐに更新ができるのも大きなメリットです。

応募者はサイト上の情報に敏感ですので、タイムリーに更新をしていけば、頻繁にアクセスしてくることが考えられます。

サイトで募集することのメリットの一つに、高い質の応募者が集まる、というものがあります。多くの情報を開示していますので、中には、その中に自分の思いに合わない情報を発見して、その会社への応募を見合わせる学生も出てきます。



しかし、それはそれでいいのです。

合わないことがわかっていて、もし入社してしまえば、企業にとっても学生にとっても不幸なことになります。

そういった意味で、応募意欲の高い学生を集められるのも、ホームページでの募集のメリットなのです。


もちろん、ホームページですと、事実上、無料で募集広告を出すことができます。

新卒採用にあたっては、ホームページの活用は必須と考えるべきです。